1番簡単 吊るすだけのドライフラワーの作り方

アンティークのような風合いが素敵なドライフラワー。フレッシュでみずみずしい生花には無い、また違った美しさがあります。インテリアのアクセントとしてもドライフラワーは便利なアイテムで雑貨屋さん等でも根強い人気があります。誕生日や記念日のお祝いでいただいた花束や自身で購入したお花を最後まで楽しめるのでぜひお試しください。

続きを読む

ダリア サフラン

ダリア-サフラン

ダリア サフラン

Dahlia “saffron”

写真のダリア サフランは福岡県産です

淡いピンクと白色のグラデーションが美しいダリアです。前回の純愛の君の強くまっすぐな主張をしてくるイメージですが、このサフランはとても優しくささやいてくる印象を受けます。華やかですが癒される魅力のあるダリアです。

続きを読む

ダリア 純愛の君

ダリア 純愛の君

ダリア 純愛の君

Dahlia “junai no kimi”

写真のダリア 純愛の君は高知県産です

純愛の君。。。とても素敵な名前です。いろんなストーリーを想像してしまいますね。ちなみにこの名前は一般公募で決められたそうです。お花はとても大きくてゴージャス。輝くような赤色が特徴です。

続きを読む

お花の制作事例 2016年3月

3月は鮮やかな花色にのせて季節を運ぶ「ラナンキュラス」や「チューリップ」が入ります。3月も後半に入ると市場からスイトピーが減ってきていよいよ春本番です。花屋的にもホワイトデー、お彼岸、卒園式、卒業式、送別会の花と忙しい日が続きます。お花屋さんの手帳をオープンして初めて迎えた2016年の3月はお陰様で忙しく、朝仕入れたお花がその日の夕方には無くなっているというありがたい日が何回かありました。そんな中で制作した商品の一例です。

続きを読む

デルフィニューム デルフィニウム プラチナブルー

デルフィニューム プラチナブルー

デルフィニューム デルフィニウム プラチナブルー

Delphinium “platinumblue”

写真のデルフィニューム プラチナブルーは愛知県産です

淡いブルーの色目が綺麗でアレンジに使いやすいデルフィニウム プラチナブルーです。デルフィニュームはギリシャ語のDELPHIS(イルカ)から来ているらしく、なんでも蕾の形がイルカに似ているのが語源らしいです。お花屋さんの手帳ではプラチナブルーを多用しますが、他のブルー系のデルフィと組み合わせて濃淡を出しても可愛いです。

続きを読む

ガーベラ ベビードール

ガーベラ ベビードール

ガーベラ ベビードール

Garbera “baby doll”

写真のガーベラ ベビードールは福岡県産です。

ピンクとクリームの複色がとても可愛らしいガーベラです。見かけよりしっかりしています。実物は少しアンティーク色が入っており、どことなくセクシーで可愛らしさを感じ、見ているだけで幸せな気持ちになる可愛い子です。

続きを読む

店内から見えるあたたかな光景

「この度、新しく引越してきました。花屋のSAKUと申します。よろしくお願いします^ ^」なんて様子で、阪急の茨木市駅や大きな道路からは少し離れた穏やかな住宅街の入口にお花屋さんの手帳の実店舗FLOWER WORKS SAKUはあります。ご近所さんや通勤通学途中の方、たまたま近くを通りかかった方にいつでも気負いなくお花を見て楽しんでいただきたいとの想いで、1月のオープンからお店の入口はL字に大きく開放し、灯りもたくさん点けて皆さまのご来店をお待ちしています。

続きを読む

花屋と天気と電気代 冬の陣

2月も本日29日で終わりです。お花屋さんの手帳の実店舗 FLOWER WORKS SAKU(以下SAKU)もオープンして2ヵ月が経とうとしています。さて2016年の冬は暖冬だと言われてましたが、振り返ればやっぱり寒い日はありました。特にSAKUの店舗は正面と側面の間口を常時開放しています(雨が強い時でも正面は解放してます)

続きを読む

ガーベラ レッドロック

ガーベラ レッドロック

Garbera “redrock”

写真のガーベラ レッドロックは静岡県産です。

ボルドー色、シックな赤、落ち着いた赤、大人色のガーベラのレッドロックです。比較的多くの産地で生産されている定番品種です。アレンジに入れる事でダークレットの色目がしまり大人可愛い仕上げになります。

続きを読む

春の訪れ 桃の節句

3月3日は、おひなまつり。先日、我が家もひな人形を出しました。お花屋さんの手帳 あきちゃんです。
ひなまつりの起源は中国からきたと言われてます。昔、中国では3月3日に水浴びをして、厄を祓っていた風習があり、それが日本に伝わった時に、水浴びをするのではなく、人形に悪いことを背負ってもらい、人形ごと川に流して、悪いことが起こりませんようにと祈願する「流し雛」となって伝わりました。

続きを読む