お花の制作事例 2016年10月

ぐんと深まる秋にはほっこりあたたかな暖色系やフワフワ質感のお花達に惹かれます♪赤やオレンジのバラやケイトウ、旬を迎えて見事に咲き誇るダリアなどインパクト大のアレンジが見所です。還暦を祝う赤色メインで仕上げたお花も好評ですよ。それでは2016年10月出荷画像一例です。

続きを読む

簡単おしゃれ 置いて楽しむドライフラワーの飾り方

秋を彩るインテリアとしても人気高いドライフラワー。スワッグやリースなど吊るすタイプも定番ですが、今回は手軽でコンパクト、そしてリーズナブルに飾れるお手軽アイテムを紹介したいと思います。近所のお花屋さんで購入したお花や、頂いたお花でドライフラワーを作ったけど、どうやって飾ろう?スワッグやリースで使ったドライフラワーのあまりが勿体ない!という方にはおススメです。

続きを読む

お花の制作事例 2016年9月

まだまだ残暑が続く9月ですが、市場には涼しげな初秋のお花達が並び始めました。ケイトウやリンドウ、ワレモコウなどこの時期だけのお花や、人気高いヒマワリなど、夏から秋へと移り行く季節のアレンジをお楽しみください。それでは2016年9月出荷画像一例です。

続きを読む

花屋と天気と電気代 夏の陣

9月に入ってもまだまだ暑い日が続きますね。夏前から今年の夏は暑くなるらしいよーと言われてましたが梅雨明けから本当に暑い日が続きました。毎日どこかで「記録的な」という言葉を耳にしました。大阪では猛暑日の連続日数が新記録だったらしいですが、これだけ暑い日が続くとやはり気になるのは電気代。2016年の冬の電気代の記事の時に花屋は冬より夏の方が電気代がかかるはず!と書きましたが実際はどうだったのか。ガクガクブルブルの結果発表です。

続きを読む

お花屋さんの手帳がデザインしたお花が全国に並ぶ

お花屋さんの手帳のフラワーデザイナーにはいくつかの仕事があります。まずインターネットでご購入いただいたお客様用の商品作りです。それぞれのご注文の詳細を確認しながら贈る人、貰う人やシチュエーションやストーリーを想像してアレンジメントや花束を制作します。実店舗のFLOWER WORKS SAKUにお花を買いに来られるお客様の接客も大切な仕事のひとつです。お誕生日のお花の配達を依頼しに来られるお客様のご相談にのったり、ブライダルのお花のご依頼を受けて当日まで何度か打ち合わせしたり、ご自宅に飾るお花を選ばれるお客様に、いろいろとお話しをしながらおススメのお花を紹介したりしています。そしてもう一つデザイナーとしての本領が発揮できる仕事があります。

続きを読む

お花の制作事例 2016年8月

201608アイキャッチ

暑い夏が始まりました!お花もスタッフも猛暑に負けず頑張っています^ ^8月はお盆もあるので仏様に御供えするアレンジメントなども多く製作中です。洋花だけで仕上げた当店の御供えアレンジや、夏真っ盛りのエネルギッシュなお花達をお楽しみください。それでは2016年8月出荷画像一例です。

続きを読む

花の資格 NFD 資格試験について

NFD

実用性のあるお花の資格としてお花屋さんの手帳がおススメするのが、フラワー装飾技能検定とNFD(フラワーデザイナー)の資格です。NFDは日本で最もポピュラーな花の資格で個人的な意見ですが実務の装飾技能士、デザインのNFDだと思います。フラワーデザイナーは花を使った装飾、造形物を作ることができ、またそれを企画、デザインする能力が必要です。それを身につけるには実務経験だけでなく、理論から学ぶ必要があります。フラワー装飾技能士は花を活けるプロ。フラワーデザイナーは、花をデザインするプロだと考えます。

続きを読む

花の資格 フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士

いよいよ今年もフラワー装飾技能士検定、実技試験が目前となりましたね。

朝、仕入れに行く市場でも試験についての貼り紙などを目にすると今年もこの季節が来たんだなっと感じます。(今年は知人も2名受験するのでドキドキしますね^ ^)

 

続きを読む

お花の制作事例 2016年7月

梅雨が明けたらいよいよ夏本番!朝の市場でも品種や鮮度により目を光らせ、フレッシュで元気いっぱいの子達を仕入れてきます。ギラギラ太陽に負けないヒマワリやアンスリウム、思わず惹かれる涼しげな色やネーミングのお花達に涼を感じながら暑さに負けず製作しています。それでは2016年7月の出荷画像一例です。

続きを読む

お供え花・命日の花・葬儀の花・お盆の花を贈る時の相場や注意点

お供え花04

まだ7月初旬だというのに、全国各地、真夏のような暑さが続いております。蝉の声も聞こえだし、梅雨明けも間近でしょうか。そろそろお盆の準備に取りかかる季節になりました。当店でもお供え用の花のご用意をさせていただいており、おかげさまで皆様からご好評をいただいております。
さて、お供え用のお花を贈る際、どのようなお花を送ったらいいのでしょうか。お供えのお花にはいろいろと種類がありますが、亡くなられてからどれくらい時間が経過しているかを基準に考えるとよいでしょう。

続きを読む