1番簡単 吊るすだけのドライフラワーの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ

アンティークのような風合いが素敵なドライフラワー。フレッシュでみずみずしい生花には無い、また違った美しさがあります。インテリアのアクセントとしてもドライフラワーは便利なアイテムで雑貨屋さん等でも根強い人気があります。誕生日や記念日のお祝いでいただいた花束や自身で購入したお花を最後まで楽しめるのでぜひお試しください。

一番簡単 吊るすだけのドライフラワーの作り方

1、ドライフラワーにしたい切花か植物を1本または数本ずつ吊るす
2、1週間~2週間、乾燥するのを待つ(梅雨等の湿気の多い時期は乾燥するまで時間がかかります)

これだけです。簡単でしょ。

ポイントは

束のままだと乾燥するのに時間がかかるので、少しでも早くドライフラワーにしたい場合は、1本ずつ吊るした方が早いです。同様に花や葉が密着していると時間がかかります。不要な箇所は取り除きましょう。また直射日光の当たらない風通しのいい場所で吊るすのがベストです。エアコン付近に吊るすと早く仕上がります。

最後の最後までお花を楽しむ

ドライフラワー01

綺麗なドライフラワーを作るのはそう簡単ではありません。ドライフラワーはできるだけ新しく綺麗なお花で作ったほうが仕上がりは綺麗です。
当店でも、まだ切り花として十分販売できる状態のお花をドライフラワーにします。また、保管場所も大切で、できるだけ乾燥しているお部屋を選びます。加湿器のある部屋なんかは当然NGです。自然乾燥の他にも、電子レンジを使ったり、シリカゲルなどの乾燥剤に埋め込んで作る方法もあります。この方法で作ると、比較的短期間で作ることができ、お花の色も鮮やかに残ります(今度この方法も紹介したいと思います)

05_01

出来上がったドライフラワーを花束に束ねて仕上げにドライフラワー用の型崩れ防止用のスプレーをかけて飾れば、花のある暮らしを気軽に楽しむことができます。

06

お花屋さんの手帳の実店舗SAKUでもドライフラワーを作成し、お手頃価格で販売しています。インテリアのアクセントとして人気がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。