東京 2020 ビクトリーブーケ 猛暑に負けないくらい熱いあのイベント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日暑いですね。
猛暑のニュースに負けないくらい毎日熱く報じられているイベントが、とうとう1年後に迫ってきました。そうです!来年の夏に開催される、東京2020!

個人的にはスケボーとかサーフィンとか…目新しい競技が楽しみです!あと最近漫画の影響で馬術も気になります!!……が、花屋としては気になるあの話題……

ビクトリーブーケのお話です。

ビクトリーブーケとは

ビクトリーブーケは選手がメダルを首にかけてもらうときに一緒に贈られる花束です。
最高の瞬間を更に華やかにしてくれるお花…ですが、このビクトリーブーケ、リオ五輪のときや平昌のときはなくて、選手は五輪のマスコットキャラクターのぬいぐるみやオブジェを贈呈されていました。開催国によってはお花を充分に用意するのが難しい。などということから、お花でなくてもいいみたいですが……

ですが……

やっぱり花屋としてはお祝いにはお花を贈りたい。お花のパワーでもっともっと最高の瞬間に!
と思う訳ですが、ビクトリーブーケについて調べてみると、東京2020に向けて既に「ビクトリー・ブーケ・プロジェクト」なるものが発足していました。

選手に花束を贈りたい!日本のお花を世界の人に見てもらいたい!暑い夏でも持ちのいいお花を!と花屋としてはわくわくするプロジェクト。
どんなビクトリーブーケになるのか……
今から楽しみですね!

ビクトリー・ブーケを作ってみた

ビクトリーブーケは選手が握りやすいような形や、花持ちの良さ、観客席に投げたりしても大丈夫なように強いお花、もちろんトゲのないお花…などなど、たくさん考えられて作られるようです。それをふまえて、勝手なイメージですがビクトリーブーケを作ってみました!

ビクトリーブーケ

使用花材は夏のお花、ピンポンマム、リンドウ、トルコキキョウ、スプレーマム、ドラセナ

金メダルを連想させる黄色のピンポン菊を中心に、2020マスコットの青色のリンドウ、夏が旬のトルコキキョウを使って、トロフィーをイメージして形作ってみました。

日本のお花といえば、仏様にもお供えされる菊ではないでしょうか。大輪の菊の展示会や、新種が発表されたりしていますが、ビクトリー・ブーケ・プロジェクトでは、暑さに強い菊の開発もされているようです。

せっかくなのでお花屋さんの手帳でも人気の、大人ピンク系のブーケも作ってみました。

ビクトリーブーケ

スプレーマム、トルコキキョウ、テマリソウ、リンドウ、アイビー、ドラセナ

淡く少しくすんだピンクの八重咲きのトルコキキョウはフリフリで本当にかわいくて大好きです。
ビビットなグリーンのアイビーを効かせて、夏を感じるけどちょっと涼しげになるように…
とっても優しい色合いのブーケになったので、ぜひ女性の選手に~
なんていう妄想をしつつ……

来年の夏を楽しみに、まだまだ猛暑のこの夏を乗り切りたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。