アガパンサス 夏を感じるお花と初夏の花嫁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
02

雨が続く毎日。自転車通勤者にはカッパが手放せない季節になりました。お花屋さんの手帳 あきちゃんです。

今、我が家のマンションの中庭や、当店近くの道沿いに、アガパンサスのお花がきれいに咲いています。

アガパンサスはユリ科の植物で主に6-9月に花を咲かせます。秋の訪れを感じさせる金木犀と同様、このお花が咲いているのを見ると、あぁ~今年も夏が来たんだなぁ、と感じます。

夏を感じるアガパンサス

すらっと伸びた茎にくるんとなった花を咲かせるアガパンサスは多年草の植物で、毎年花が咲きます。花の種類も多く、300種類以上あるとも言われています。花が終わったら、花を茎の付け根から切り落とり、そのまま植えっぱなしにしていても良く育ち、翌年も花を咲かせてくれます。

当店近くの道沿いに咲くアガパンサス

当店近くの道沿いに咲くアガパンサス

町でよくみかけるアガパンサスは薄紫色の花を咲かせているものが多いと思いますが、他にも濃い紫や白い色のものもあります。

ウエディングにもおすすめアガパンサス

白いアガパンサスはウェディングブーケにも使われます

白いアガパンサスはウェディングブーケにも使われます

白いアガパンサスは、ウェディングシーンに使われることも多いお花です。まっすぐに伸びた茎を生かし、白いアガパンサスのみで束ねたウエディングブーケはとても繊細で、貴賓高いブーケに仕上がります。裾の広がりが少ない、すっとした印象のスレンダーラインのウエディングドレスにとってもよく合い、初夏の結婚式にもおすすめのお花です。

スレンダーラインのドレスにぴったりです

スレンダーラインのドレスにぴったりです

アガパンサスはギリシャ語の「アガペ」(=愛)と「アンサス」(=花)を意味するの二つの単語から名付けられました。
『愛の花』これは、ブライダルにはぴったりのお花ですね。水は上がりやすいので、披露宴などで長時間持ち歩いても、水下がりの心配が少ないお花です。ただ、切り花にしてしまうとつぼみが咲きにくく、つぼみのまま花が咲かずに落ちてしまうことが多いお花でもあります。つぼみにも色がついているので、つぼみのままを生かしたブーケにするといいでしょう。

お花屋さんの手帳の実店舗、FLOWER WORKS SAKUでも、ブライダルのお花のご相談をお受けしています。ウェディングブーケやブートニア、今流行りの花冠など、花嫁さん、花婿さんのご要望に出来る限りお応えして、皆様の晴れの日のお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。